博報堂シニアビジネスフォース

賢人会議

「シニアの課題は、シニアが解決する。」
博報堂、シニアOBによるクリエイティブチーム
「賢人会議」設立。

高齢化社会を迎え、シニア市場は大きく伸びています。
シニア向け商品のブランディング、経営・事業領域課題、社会イシューといった
シニア市場における課題解決のニーズは年々高まっています。
一方で、シニア像を固定観念でとらえてしまい市場の多様性から離れてしまったり、
世代独特のインサイトが掴みきれず伸び悩んだり、シニア市場には課題が数多くあります。

長年シニアに向き合ってきた新大人研は、有効な打ち手が見つけにくい多様なシニア市場開拓に
「シニアの課題は、シニアが解決する。」を標榜した「賢人会議」を立ち上げました。
シニア市場に響く、「賢人」たちの具体的な知恵を得るためのクリエイティブチームです。

「賢人」には長年の蓄積と反復で磨かれ、鍛え抜かれたクリエイティビティの実績があります。
そうした実績に裏打ちされながらも、自ら同じシニア世代としての実感値を活かすことができる
複数名の「賢人」が集まり、与えられた課題に対して、
コピー、アイデア、コンセプト、戦略などのソリューションを導き出します。

member

青田 光章

日本が若者の国だった頃、若者として、実感でコピーが書けました。日本がシニアの国になった今、シニアとして、ふたたび実感でコピーが書けています。幸せにも。
どうぞご活用ください。

青田 光章

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1980年博報堂入社。定年後、博報堂クリエイティブ局と新大人研に籍を置き、エルダー市場開拓を中心に現役邁進中。
東京コピーライターズクラブ(TCC)会員
主な受賞歴:TCC新人賞/日経広告賞/準朝日広告賞/毎日広告デザイン賞優秀賞/フジサンケイグループ広告大賞優秀賞
ニューヨーク・フェスティバル/日経産業新聞広告賞/FCC賞/新聞協会賞/ACC賞
主な作品:ハウス食品「おうちで食べよう。スタジオジブリ・タイアップ・キャンペーン」

家田 利一

両親がともに 89歳と高齢です。二人の娘は 30代でどちらも子供がいる共働きです。
家人が保育園や学童保育をサポートしています。
そのため私は四世代の家族の問題を 肌で実感しながら日々を過ごしています。
自宅兼オフィスを目黒駅前に構え、仕事は週5日ペースです。
中国赴任に伴うデジタル・リテラシーの向上、それにフリーランスへの挑戦が功を奏してか、 60代でさらにパワーアップを続けていると言われます。
広告の急速な変化に対応するために、自己投資しながら勉強を続けています。
独立後にいただく声は「エネルギッシュ」「仕事の進め方がクリアーで分かりやすい」「若い人の話もよく聞いてくれる」「企画が多彩」「感覚が若い」「物知り」「フロントラインに強い」
あれあれ、現役時代と あまり変わりませんね(笑)

家田 利一

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1974年博報堂入社。2012年「イエダプラス」設立。
東京コピーライターズクラブ(TCC)会員
主な受賞歴: ACC賞/フジサンケイグループ広告大賞(グランプリ) 広告電通賞/日経広告賞/THE CUP/カンヌ国際広告祭(金・銅)
ニューヨークADC賞(ファイナリスト)/ロンドン・インターナショナル・アワーズ(ファイナリスト) クリオ賞/IBA
「昭和のCF100選」に2本掲載 主な作品: NTT「カエルコール」

生山 雅一

「クリエイティブ・パートナー」 企業を変える力に。
「企業広告」が、多い! 「自主提案」が、多い! 「トップアプローチ」が、多い!企業・大学のブランディングから、15年続くダジャレCMの企画・演出まで。経営戦略とクリエイティブ全域を、一気通貫して手掛けています。
コピーライター・アートディレクター&CM演出。
CM、グラフィック、WEBを独自の理論とアイデアで展開し、スピードと効率化を図ります。

生山 雅一

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1979年博報堂入社。2013年「生山事務所」設立。
主な受賞歴: 全日本CM大賞(ACC賞グランプリ)/ACC賞/朝日広告賞/読売広告大賞/毎日広告デザイン賞/電通賞
フジサンケイ広告大賞/クリオ賞
主な作品:「イチロー。新しい自分のために。キャンペーン」

岡田 直也

バリバリの、現役です。最年少、「賢人」の入り口です。
大阪や札幌などで「岡田塾」、やってます。
ローカルネットワークには、つよいですよ。

岡田 直也

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1980年博報堂入社。2003年「岡田直也事務所」設立
東京・大阪・札幌各コピーライターズクラブ会員/エンジン01 文化戦略会議 会員/ウエブマガジン「CM Fun」編集長
甲南女子大学 講師 主な受賞歴:TCC最高賞/ADC賞/ACC賞/日経広告賞/朝日広告賞/毎日デザイン広告賞
主な作品:としまえん「史上最低の遊園地」

黒澤 晃

インサイト発見から、ステートメントの設定、キャッチフレーズ、プロモーション・キーワードまで、言葉づくりで、揺らぎのないブランディングをおこなえます。

黒澤 晃

コピーライター/ クリエイティブディレクター

東京コピーライターズクラブ(TCC)会員
著作:「マーケティング・センスの磨き方」/「これから、絶対、コピーライター」
主な受賞歴: TCC新人賞/ACC賞/ADC賞/朝日広告賞/日経新聞賞/雑誌広告賞/交通広告賞
主な作品:スズキ・ワゴンR 「クルマより楽しいクルマ。」

柴田 常文

すべての戦略の背骨は、「ことば」です。
どんなにメディアが増えようが、変容しようが、それは変わりません。
新しい「ことば」の発見と展開と構築。
成熟したソリューションカで、強く、たのしく、たのもしく!

柴田 常文

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1975年博報堂入社。2013年「(株)リンクエス」設立。
大正大学客員教授/大妻大学講師/東京コピーライターズクラブ(TCC)会員
主な受賞歴:日経広告賞/毎日広告デザイン賞/読売広告大賞/広告電通賞/ACC賞
主な作品:キヤノン「ピクセル夏目雅子写真集」

田中 英貴

新しい時代の到来には、 必ず、新しい言葉が生まれます。
新しい時代を生み出すには、新しい言葉を生み出すクリエイティブが必要だと思います。

田中 英貴

コピーライター/ クリエイティブディレクター

(株)日本デザインセンターを経て、1984年博報堂入社。
2001~05年 新大人研の前身となる博報堂エルダービジネス推進室にて、シニア向けの旅行、家電、金融などのクリエイティブを担当。
現在はNPOの一員として、子供の学力向上を図る「辞書引き学習」活動のサポートを行う。
AFP認定資格/知的財産管理技能士(3級)
主な受賞歴:日経広告賞/朝日広告賞/毎日広告デザイン賞
主な作品:オリックス「ほかにはないアンサーを。」(リテールキャンペーン2000年)

藤井 淳志

ここに、策あり。

藤井 淳志

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1980年博報堂入社。2016年「(株)フューチャークレーン」設立。博報堂フェロー。
東京コピーライターズクラブ(TCC)会員
主な受賞歴:毎日広告デザイン賞(グランプリ)/カンヌ国際広告祭(金賞)/フジサンケイグループ広告大賞(グランプリ)
準朝日広告賞/読売出版広告賞(グランプリ)/読売広告大賞/日経広告賞/ACC賞他
主な作品:ライオン「植物物語」

若山 憲二

「最近は」若い世代の方がオーナーの企業の仕事が多くなりました。
東京だけでなく地方の企業からも 声をかけていただいています。
会社そして事業の考え方から商品開発、コミュニケーションまで、範囲は広くなり、適宜クリエーティブチームを組んでいます。
自分としてはシニアをあまり意識したことはありませんが、確かに以前とは変わり、農産物やその加工品なども 手がけていますから、そういうことなのかもしれません。

若山 憲二

コピーライター/ クリエイティブディレクター

1973年博報堂入社 2009年「(株)若山憲二」設立。青山スパイラル設立基本計画プランニング
2011東京お好み焼祭・東京お好み焼大好き会事務局代表
主な受賞歴:TCC新人賞/朝日広告賞/日経広告賞/毎日広告デザイン賞/雑誌広告賞
主な作品:日産自動車・フェアレディZ「スポーツカーに乗ろうと思う。」

業務イメージ

point 1
博報堂のシニアOBクリエイターならではの長年の蓄積と反復で磨かれ、
鍛え抜かれたクリエイティビティの実績を背景に、自らの実感値を最大限に生かした
ソリューション開発(コピー、アイデア、コンセプト、戦略など) を行います。
point 2
博報堂・新しい大人文化研究所(新大人研)の15年に渡るシニア市場分析の知見を
OBクリエイターのクリエイティブ開発に活用します。
point 3
博報堂の各部門の専門機能と連携し、より高度で統合的な提案も行います。

Work Process

相談
賢人会議事務局への相談


Planning
ご相談に適した『賢人』を
事務局より招集、課題を
オリエンテーション
Action
賢人会議メンバーによる
討議・発案